ビットコインとは 基本の基本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ビットコインの知識ゼロのあーりーと申します。

ビットコインについて何も知らないのもさすがに不安だと思い、ちょっとだけ勉強してみることにしました。

ビットコインを「やってみる」のではなく、あくまでも「勉強してみる」程度です。

スポンサーリンク

ビットコインは仮想通貨

ビットコインに関するいくつかのWebページをサラサラ~っと見て回りました。

そこでハッキリわかったことがあります。

ビットコインって、仮想通貨なんですね。(←今さら!)

ぼくは本当にビットコインについて何も知らなくて…。

ネット上でだけ使える限定された電子マネーとかポイントのようなものなのか、投機の対象になる株のようなものなのか、それとも全然別のものなのか、イマイチよくわかっていなかったんですが、ビットコインは仮想通貨なんですね。

仮想通貨って何?

ビットコインって仮想通貨のことだったんだ♪

よくわかりました。めでたし、めでたし。

とは、なりませんでした(笑)

無知なぼくは、当然のように「で、仮想通貨って何?」と思いました。

スポンサーリンク

円やドルとおなじジャンル

そこで調べてみると…

まず「通貨」とは、円やドルのようなお金のことです。国家などが発行してるアレですよね。円は、ぼくも毎日使っています。

この通貨のジャンルに新登場したのが、ビットコインということらしいです。

ビットコインは、円やドルとおなじ、ひとつの通貨なんですね。

「仮想」とうことは、現実にモノとして存在しているのではなく、ネットなどにデータとして存在しているってことになります。

円やドルは、紙幣や貨幣にすると手で触れますけど、ビットコインは紙幣や貨幣がないので触れない。仮想のものです。

ふむふむ。

なんとなく、ほんの少し、わかってきました。

国家がつくったわけじゃない

通貨というと、ふつうは国家が発行してるイメージですよね。

でもビットコインは違うようです。

ビットコインという通貨は、国家がつくったものではありません。

サトシ・ナカモト氏が発案

ビットコインは、サトシ・ナカモトという人物が発案して、それをもとに作られた仮想通貨だそうです。

国家ではなく、ひとりの人物の発案で始まった。この誕生のしかたがすごいですよね。

サトシ・ナカモト氏がアイディアを発表すると、みんなが「それいいね!」「実現しよう!」みたいな感じで力を合わせて、あれよあれよという間に一つの通貨がインターネット上に誕生した…

そんな経緯のようです。

インターネットがビットコインを生んだ

ビットコイン誕生の歴史を知ると、まさにインターネットの存在が、ビットコインを可能にしたんだな~と感じます。

ふつう、通貨っていうのは国家が発行して、国家がその価値を保証するから、成り立っています。

国家が発行母体じゃないケースもあるかも知れませんが、いずれにしても、なんらかの母体があって、そこが価値を保証してくれてますよね。だからみんなが信用して使っています。

でも、ビットコインには、その管理母体のようなものがない。

どこにも支配されない、フリーの通貨です。

すごいことですよね。

「ビットコインを通貨にしようね」という合意

インターネットのおかげで、ぼくらはいろいろなものを一瞬でシェアできるようになりました。

そしてついに人類は、影も形もないビットコインという電子情報を通貨にする、という合意をシェアしました。インターネットがそれを可能にしました。

と、ぼくは感動しているわけですが、なにせ昨日から勉強をはじめたばかりのにわか仕込みなので、ぼくの理解に間違っている部分があるかもしれません。

ただ確実に言えるのは…

円を知らずに日本で暮らすことがありえないように、ビットコインを知らずに未来を生きることは難しいだろうな、という予感がしているっていうことです。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生